>大事な事について>その2 パソコンの保護








    まずはマルウェアから説明します。

    マルウェアとは、ウイルス、ワーム、トロイの木馬を含む悪質なコードの総称です。
    
    有害なマルウェアは普及している通信ツールを使用して拡散します。たとえば、電子メールや

    インスタントメッセージで送信されるワーム、Web サイトから読み込まれるトロイの木馬、ピアツーピア接続で

    ダウンロードされるウイルス感染ファイルなどが該当します。

    また、マルウェアはシステムの既存の脆弱性を悪用して、密かに侵入を試みます。

    無償マルウェア対策ソフトがあるので使ってみて下さい。
    
    Avira Free Antivirus




    次にウイルス対策について説明します。

    ウイルスとは、コンピューターに悪影響を及ぼすプログラムであり、感染とはそのプログラムが

    様々なデータに紛れ込むことです。  ウイルスは知らぬ間に自分のパソコンやファイルに感染し、感染した

    途端悪影響を及ぼすものや、潜伏期間を置いてから発症するものなど様々です。

    その影響も様々で、ジョークメッセージが流れるだけのもの、OSやハードディスクを破壊してしまうもの、

    ハードディスク内の情報が外に筒抜けになってしまうものなど。そしてそれらのウィルスは今やインターネットという

    媒体を通して爆発的に増えています。

    ですから、ウイルスに対して何も対策を講じないことはかなり危険です。自分自身だけでなく、友人や知人をも

    被害に巻き込むことに成りかねません。現在は様々なウィルス対策ソフトが発売されていますが

    無料で軽い代表的なソフトを紹介しておきます。


    avast! Free Antivirus

    AVG アンチウイルス

    Avira Free Antivirus

    Microsoft Security Essentials

    

    などです。